MENU

【人生の分岐点】夫の海外赴任が決まりました

タイトルの通り、結婚1年目にして夫の海外赴任が決まりました。
お付き合いしている頃から海外で働くことが夢と聞いていましたが、まさかこんなに早く実現するとは驚きです。

夫は2020年4月からヨーロッパに行くのですが、帯同するかどうかまだ決めかねています。ネットでも同じように悩んでいる方がたくさんいらっしゃいました。同じ悩みをかかえている方のブログを読み漁り、私だけじゃないんだなと安心する一方で、最後に決めるのは自分自身なのだということに気が付きました。

まだ答えは出ていませんが、この悩んだ過程をブログに残しておこうと思い投稿に至りました。

私は、メーカーの社長秘書として働いています。勤務先に再雇用制度や休職制度があれば、喜んで帯同を選ぶのですが、残念ながらそのような制度はありません。元々女性社員が少なく、今でこそ女性活躍推進の影響で女性を大切にする風潮になってきましたが、経営者の理解はまだまだ薄い模様。女性社員ってだけで、代わりはいくらでもいるからと軽視されている気がして仕方ありません。

ただ私自身の経歴からして上場企業で正社員として働けていることが奇跡に近いのと、職場の人間関係も良好なので手放すことが惜しいのです。帰国後に今以上の会社に復職するのは難しいし、年収が下がるのは目に見えているので、ただ一緒にいたいからという理由だけで帯同を選ぶのは愚かな気がしてままなりません。

でも私にとって一番の幸せは、大好きな人と一緒にいる時間なのではないかとも思うのです。どうすればよいのか、頭を抱える毎日です。毎日そのことばかり考えてしまって、眠れません。想像以上にナイーブな自分に驚きです。(笑)

夫は私の人生だから好きなようにすればいいと言いますが、もし帯同を選ぶならヨーロッパでやりたいことを明確にすることと告げられました。夫も、病んでいる妻の姿を見るのは嫌ですもんね。しかし見知らぬ土地で頼る人もいないし、平日はずっと家に一人だと誰でも気持ちは落ち込みますよね。私自身も、社交的な性格ではないので病んでしまいそうで怖いです。

子どもはいないので、本当に自分が何をしたいのかが大事になるんだなと思います。ノマドワーカーにも憧れますが、そもそも実績がないのに仕事を辞めるのはあまりにもリスクが大きすぎる。もし専業主婦や起業に向いていなかったら、絶対に後悔するに決まっている。

ちなみにこの件に関しては、かれこれ5ヶ月以上悩んでいます。もはや悩みすぎてハゲるんじゃないかとも思うレベル。一旦は、GWに赴任先に遊びに行ってみて決めようと思います。

それまでに、ノマドワーカーとしてやっていけるか考えて、実践に移せることは何でもやってみようかな。旅の動画をアップしている人や、旅を仕事にしている人に憧れはありますが、なかなか実行に移せません。しかし「Just Do it 」の精神で、少しずつ興味がある分野に手を出してみます。

また考えを整理したくなったら記事を書こうと思うので、興味がある方はブックマークしていただけると嬉しいです。

以上、旅うさぎでした。また次の記事でお会いしましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる