【劇団鑑賞】ミュージカル オペラ座の怪人(劇団四季感想レポ)

こんにちは、旅うさぎです。

先日、ラッキーなことに会社の取引先の方からチケットをいただき、人生初の劇団四季に行ってきました。

いつか見てみたいという憧れはあったのですが、なかなか機会を作ることができず…。地味にチケット代も高いですしね。

演目は『オペラ座の怪人』です。

大阪四季劇場は、ハービスPLAZA ENT 7Fにあります。西梅田駅から徒歩1分。大阪駅から行く場合は、中央改札から出て、看板に沿って歩けば迷うことはないと思います。

中に入ると、劇団四季の広告がずらりと並んでいました。こういうのがあるとさらに期待が高まりますよね。

ちなみにハービスPLAZAには多くの飲食店が入っているのですが、チラシの通り、『オペラ座の怪人』とコラボしたメニューが期間限定でいただけるようです。

個人的には、パレオドールとデリーモのパフェが気になります。ビジュアルが美しすぎます…!当日の鑑賞チケットがあれば、割引サービスもあるようです。とってもお得ですよね~。

エレベーターで7Fに上がると、観劇に来られた方がたくさんいらっしゃいました。劇団四季のファンの方、多いですもんね。

入り口付近には、『オペラ座の怪人』の看板が置かれています。こちらでお写真撮られている方が多かったです。

物販販売もありました。どんなものがあるのかな…?とちらっと見てみると、ちょっとシュールなデザインで笑ってしまいました。(購入された方ごめんなさい)

こちらが公演グッズの一覧です。ぜひご参考ください。

劇場に入るすぐそばには、本日のキャストが掲示されていました。記念に1枚。

今回は1階・S席からの鑑賞でした。やや斜めから舞台を見る席でしたが、演劇が始まると想像よりは気になりませんでした。ただ、前の人の座高が高かったら少し見づらいかもしれません。つまりは運ですね。頑張って隙間を見つけてください…!

今回鑑賞した『オペラ座の怪人』ですが、恥ずかしながらストーリーを全く知りませんでした。タイトルは聞いたことあるな~というくらい。そのおかげもあってか、この後どうなっていくのだろうとワクワクしながら楽しむことができました。

ざっくりストーリーをまとめると、怪人がクリスティーヌに一目惚れします。ここから怪人の恋心による暴走が始まります。オペラ座に対してクリスティーヌを主役にしろだ、5番席は開けておけ、など様々な要求をします。当初はその要求に従っていたオペラ座でしたが、次第に怪人の要求を無視し始めます。それに怒り狂った怪人は、ついにオペラ座の象徴でもあるシャンデリアを壊してしまいます。このシャンデリアのシーンは必見です。ここで第一部は終了です。

20分間のトレイ休憩に入ります。トイレは恐ろしいほどに混み合うので、行きたい場合は早めに席を立っておくことをお勧めします。

そして、第2部の始まりです。クリスティーヌが少しずつ怪人に心を惹かれていく様子が伺えます。『The Phantom of the opera』は、鳥肌が立つほど。声量がすごいんです。

ついには、怪人はクリスティーヌを誘拐します。助けにきたクリスティーヌの恋人を人質に取り、「俺と結婚しろ、さもないと恋人を殺す」と脅します。そこでクリスティーヌは心に決め、怪人にキスをするんです。びっくりした怪人は、慌てふためき、パニックになり、クリスティーヌと恋人を解放します。

少し時間を置いて、クリスティーヌが怪人の元に戻ると怪人のお面だけが残されて、怪人は消えていました。

主人公の怪人にも相手役の女性クリスティーヌにも全く感情移入はできませんでしたが、怪人のピュアな姿には心が揺さぶられるものがありました。そして、何よりも演者の凄さ。言わずもがなですが、歌唱力が半端ないです。

電車の中でよく見かけたチラシに書かれたキャッチフレーズ「劇団四季のオペラ座の怪人は凄いらしい。」まさに、いかにも、そうそうといった感じで、非常に満足の劇団鑑賞となりました。

最後にはスタンティングオーベーションも…!一体感があって良かったです。何もかもが初体験でしたが、とても楽しめました。マナーも良く、ハイソな雰囲気がいいですね。

また機会があれば、見に行きたいなと思いました。個人的には、『ノートルダムの鐘』が気になります。劇団四季の公式HPであなたにぴったりの演目が診断できるツールがあるので、ぜひやってみてください。(劇団四季のミュージカル診断

それでは、また次の記事でお会いしましょうー!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次