MENU

【宿泊記】HIYORIチャプタートリビュートポートフォリオホテル モデレートダブル632号室

こんにちは、旅うさぎです。

この記事では、2021年夏に開業した『HIYORIチャプタートリビュートポートフォリオホテル』をご紹介します。

まずは、アクセスから。市営地下鉄東西線の京都市役所駅から徒歩4分、 JR京都駅からタクシーでは約20分ほどで着きます。京都のメインストリートに位置しており、お買い物はもちろん、観光に出かけるのにも便利な場所にあります。

さすがオープンしたばかりのホテルなので綺麗です。外観もシンプルでお洒落ですね。どきどきしながら中に入ります。

廊下を通り抜けて、チェックインカウンターへ。

ルームキーを受け取り、お部屋に向かいます。カラフルで可愛いですね。ホテルステイでルームキーのデザインを見るのもひとつの楽しみです。

廊下は京都らしい落ち着いた和の雰囲気です。ワクワクしながらお部屋を探します。

お部屋は、モデレートダブルのバスタブ付きのタイプです。632号室にアサインされました。

それでは、お待ちかねのお部屋オープン。第一印象は、狭っ!でした(笑)

お部屋の全体図も見ていきましょう。

この図を見ていただくと分かる通り、窓からの景色は壁ビューでした。想像以上に1フロアに部屋数があって驚き。

窓側にソファがあるのって良いですよね。ベッド以外にくつろげるスペースがあるのは嬉しいです。自由に動かせる机もあり、パソコン1台で作業するのにちょうどいいサイズでした。(2人で使うのは難しそう。)

ベッド周りの照明は、イラストで分かりやすくでもスタイリッシュ。新しいホテルは、比較的、ボタン操作に迷わないですね。歴史あるホテルは、どのボタンを押せばいいのかわからないことが多いです。そして、壁際のライトもおしゃれ!

テレビは、iPhoneとミラーリングできるようになっていました。自分のスマホを繫いでYouTubeを見ていたのですが、ふと部屋を出ると音がまる聞こえでした。。。音量注意です。

宿泊したのがオリンピックの閉会式の日だったので、4Kのテレビで見ることができました。プチ贅沢。

テレビの下には、空気清浄機とゴミ箱。このご時世なので空気清浄機が置いてあると安心ですよね。ホテルは乾燥しやすいので私は必ず加湿にします。

右側のソファ横には、おしゃれなランプがありました。点灯させると和柄模様が現れます。メモとボールペン、そして充電ケーブルまで完備されていました。

左側のソファ横には、バーコーナーがありました。

ケトルは、BALUMUDAでした。注ぎ口が細いタイプは、お湯が注ぎやすくていいですよね。お水はこの台の下に冷蔵庫があり、事前に冷やされていました。すぐに冷えたお水を飲めるのは嬉しい。どのホテルも事前に冷蔵庫に入れてくれていたらいいのになあと個人的には思います。

お次は、バスルームです。実は、このホテルには大浴場が付いています。そのため、お部屋のお風呂は使わない方も多いのではないかと思います。シャワーだけのお部屋もあり、そちらの方がルーム料金が安いのでそちらを選ぶのも良いかもしれませんね。

シャンプー、コンディショナー、ボディウォッシュ、クレンジング、化粧水、乳液は備え付けのタイプです。ミレニアムオーガニックスというイタリアのブランドのようです。香りがとても良かったです。化粧水や乳液がお部屋に置いてあるホテルって珍しいですよね。

コースターがとってもかわいい。こちらのコースターは蔦屋書店で販売されているみたいです。

アメニティは、この木箱の中に納められていました。コンパクトにまとめられていて好印象◎

ドライヤーは、パナソニックでした。風力がもう少しあれば嬉しいかな。このドライヤー、他のホテルでも見たことある気がします。

お次は、大浴場「HIYORI NO YU」のご紹介です。ホテルの地下にあり、宿泊者は無料で利用することができます。利用時間は、6:00-9:00と17:00-24:00です。

脱衣所は広々としていて良かったです。朝イチに入ったので貸切状態でした。

誰もいなかったのお写真を撮らせていただきました。大きい浴場と半露天風呂の2つがありました。

大浴場に置いてあるドライヤーは、Refaの良いやつで嬉しかったです。早く乾くし、髪が潤い、サラサラになって大満足。

また、こちらのホテル1階には『松也』というカフェも併設されています。せっかくなのでチェックアウトまで時間があったので利用させていただきました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる